中央競馬で2005年のクラシック3冠などG1レース7勝を挙げた名馬ディープインパクトが30日、死んだ。17歳だった。

 種牡馬としてけい養していた北海道安平町の社台スタリオンステーションによると、同馬はかねて治療していた頸部の手術を28日に受け、手術は無事終了して術後の経過も安定していたが、29日の午前中に突然起立不能となった。30日早朝の検査で頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られた。

 ディープインパクトは武豊騎手とのコンビで05年に無敗のまま皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3冠を制覇するなどした。