阪急電鉄と阪神電鉄が、大阪の中心部にあるそれぞれの「梅田駅」の名称を「大阪梅田駅」に変更することが30日、分かった。10月1日から。訪日外国人観光客や関西圏以外から訪れる人から「梅田は大阪にあるんですか」との問い合わせが多く、より分かりやすくするため。阪急は京都市中心部の河原町駅についても、10月1日から名称を「京都河原町駅」に変える。

 阪急電鉄の梅田駅は1日当たり平均約50万9千人、阪神電鉄の梅田駅は同約16万8千人が利用している。いずれの駅もJR大阪駅の近くにある。

 名称変更は、消費税増税に伴い予定している初乗り運賃引き上げのタイミングに合わせる。