【ニューヨーク共同】米ニューヨークで26~28日、人気のオンライン対戦ゲーム「フォートナイト」の世界大会の決勝戦が開かれ、100人が生き残りを懸けたソロ部門で米ペンシルベニア州のカイル・ギアーズドーフさん(16)が優勝し、300万ドル(約3億2600万円)を手にした。

 米メディアは29日、巨額の賞金について、驚きとともに「男子ゴルフの2019年マスターズ・トーナメントで優勝したタイガー・ウッズが得た額(207万ドル)よりも多い」(AP通信)などと伝えた。

 ギアーズドーフさんは「言葉にできない」と喜びを語った。

 このゲームの世界大会は初めて。