京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、京都府警がさいたま市の青葉真司容疑者(41)の自宅アパートから、原稿用紙や京アニ関連のグッズを押収していたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 青葉容疑者は身柄を確保された際「小説を盗まれたから放火した」という趣旨の話をしたとされる。府警は、京アニに一方的に恨みを抱いていた疑いがあるとみて経緯を詳しく調べる。京アニによると同社開催の小説コンテストに青葉容疑者が応募した記録は確認できていないという。

 捜査関係者によると京アニ関連のものを含む複数のアニメグッズを押収した。