日本サッカー協会の女子委員会が29日、東京都内で開かれ、女子日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督(51)に東京五輪の指揮を任せる方針を固めたことが関係者の話で分かった。2大会ぶりの優勝を狙った今年のワールドカップ(W杯)は16強止まりだった。

 福島県出身の高倉監督は、リオ五輪出場を逃した佐々木則夫前監督の後を受けて16年に就任した。18年のアジア・カップ優勝に導いたが、W杯は苦戦。ただ、1―2で敗れた決勝トーナメント1回戦のオランダ戦で健闘したことや、五輪まで1年を切ったタイミングでの監督交代にはリスクがあることなどから女子委員会が続投を支持した。