【ニューヨーク共同】週明け29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小動きとなり、午前10時現在は前週末比2・45ドル高の2万7194・90ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は38・95ポイント安の8291・26。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、方向感の乏しい展開となった。米中両政府が30日から中国で閣僚級の貿易協議を開くことも様子見ムードにつながった。