参院は29日の議院運営委員会理事会で、参院選でれいわ新選組から初当選した難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の船後靖彦氏(61)ら重い身体障害のある2人の介助費負担の在り方について協議すると決めた。30日に厚生労働省などの担当者を交え勉強会を実施した後、議運委理事会で議論する予定。8月1日の臨時国会の開会までに結論を出す考えだ。

 船後氏や木村英子氏(54)は、これまで生活全般を支える「重度訪問介護」を受けている。規定では「通勤、経済活動にかかる支援」は雇用主が負担するべきだとの考えから公的補助の対象外。歳費を受け取る議員活動は経済活動と見なされる。