航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖に墜落した事故を受け、空自が飛行を停止している同型機について、同県の三村申吾知事は29日、鈴木貴子防衛政務官と県庁で会い、飛行再開を容認する考えを伝えた。

 鈴木氏が「防衛省を挙げて再発防止策を徹底してきた」と理解を求めた。三村氏は「安全対策に万全を期してほしい」と応じた。

 面会では、同席した防衛省の担当者が操縦士への教育や機体の点検内容について説明。事故が夜間に発生したことを踏まえ、当面は昼間に訓練し、段階的に夜間の飛行へ移る方針を示した。