自民党参院議員会長に就任した関口昌一氏は29日、国会内で記者会見し、参院運営に関し「野党の意見を聞きながら、丁寧に謙虚に運営する。さすが参院だと思われるよう、先頭で汗をかく」と抱負を語った。

 参院選「1票の格差」是正を巡る選挙制度改革について「少なくとも各都道府県から1人は選出すべきだ」として、現行の合区の解消を目指す立場を強調。先の通常国会で実質議論が行われなかった憲法審査会に関し「議論する場をつくることから始める」と環境整備に努める意向を示した。

 参院幹事長ら執行部人事については「内閣改造人事などの流れをみて、適材適所で決めていく」と述べた。