29日午前7時40分ごろ、福岡県警博多署9階の武道場で、同署地域第2課の男性巡査部長(52)が頭から血を流して倒れているのが見つかった。病院に搬送されたが、意識不明の重体で、近くに拳銃があり、遺書が発見された。署は巡査部長が自殺を図った可能性が高いとみて調べている。

 博多署によると、巡査部長はあおむけの状態で倒れていた。点呼のために武道場に来た同僚が発見した。