29日午前8時半ごろ、茨城県筑西市口戸の水田に、農薬散布のヘリコプターが墜落したと地元消防に通報があった。消防によると、操縦していた男性がけがを負ったが、意識はあり、命に別条はない。

 ヘリは、佐賀市のエス・ジー・シー・佐賀航空が所有。同社によると、熊本県阿蘇市の男性(49)が操縦しており、近くにいた同社社員から「送電線に引っ掛かった」と連絡があった。

 ヘリはメインローター(主回転翼)や後方部分が折れ、ほぼ垂直に水田に突き刺さった状態。コックピット部分に大きな損傷は見られない。

 運輸安全委員会は同日、航空事故調査官2人を現地に派遣した。