奈良公園(奈良市)に生息する国の天然記念物「奈良のシカ」が今年、1388頭と前年より28頭増え、過去最多を更新したことが29日、シカの保護活動に取り組む「奈良の鹿愛護会」の調査で分かった。愛護会は「子ジカが昨年より37頭多く生まれたため」としている。

 シカの頭数は3年連続で増加。内訳は雄357頭、雌756頭、子ジカが275頭だった。6月末までの1年間に死んだシカの数は、昨年より9頭少ない179頭だった。死因別では、病気が87頭で最も多く、このうちレジ袋などを誤食して死んだシカが3頭いた。交通事故死は34頭。