政府が東京・元赤坂の迎賓館を見学する観光客のため、正面の公園にカフェの整備を進めている。迎賓館は2016年に一般公開が始まり、外国人らが1日当たり約1900人(18年度の平均)訪れる人気観光スポットとなったが、トイレや休憩スペースが不足していた。カフェは20年4月のオープンを予定。利便性を高め、魅力をさらに向上させたい考えだ。

 内閣府によると、迎賓館は1909年に東宮御所として建てられた日本唯一のネオ・バロック様式による西洋宮殿建築。戦後、世界各国からの賓客をもてなすための施設に改修され、2009年に国宝に指定された。