参院は28日、参院選でれいわ新選組から初当選した重い身体障害のある船後靖彦氏(61)と木村英子氏(54)の議員活動に対応するため、本会議場のバリアフリー化工事を行った。通常より大型の車いすを利用するため、3人分の議席を改造してスペースを確保。8月1日召集予定の臨時国会を迎える。

 参院の依頼を受けた業者が朝から作業を開始。出入り口に近い最後方の3議席の下に敷かれた赤じゅうたんを剥がし、留め具を外した上で、いすを取り外した。医療機器などに用いる電源も取り付ける。

 参院が採用している押しボタン式の投票装置は、秋に改めて開かれる見通しの臨時国会までに整備する。