【ミルウォーキー共同】米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は27日、全国高校野球選手権大会の岩手大会決勝で大船渡高が最速163キロのエース佐々木朗希投手を起用せずに敗れたことに言及し「何で投げさせないんや、とか言ってる人たちは子どものことを全く考えていないと思う。これほど全国から注目されている中で佐々木君の未来を守ったのは勇気ある行動」と国保陽平監督の采配に理解を示した。ミルウォーキーで行われたブルワーズ戦の際に取材に応じた。

 「熱中症対策や球数制限など、子どもたちや野球の未来を考えれば普通にやるべきことができていないってことが問題」と苦言を呈した。