台風6号から変わった熱帯低気圧の影響で、東北地方の南部や関東甲信地方では28日朝にかけて雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は低地への浸水や土砂災害、河川の増水、突風などに注意するよう呼び掛けた。

 熱帯低気圧は関東地方の北部を東に進み、28日朝には日本の東海上に進み、温帯低気圧に変わる見込み。

 気象庁によると、東北地方の南部や関東甲信地方では、熱帯低気圧周辺の発達した雨雲がかかり、激しい雨が降っている所がある。また、これまでに降った大雨により、地盤の緩んでいる所や増水している河川があるため、引き続き土砂災害に厳重な警戒が必要になる。