27日午後7時ごろ、長野県飯田市上郷飯沼の夏祭り会場で、花火を打ち上げる筒が倒れて発射され、観客席で破裂した。10~12歳の男子小中学生計3人が脚に軽いやけどをしたが、いずれも命に別条はない。

 飯田署によると、3人はいずれも飯田市に住む10歳の男子小学生2人と男子中学生(12)。左脚のすねや太ももにやけどを負った。花火数発が上がった後に事故が起きたといい、同署が原因や経緯を調べている。

 夏祭りは地域の団体が主催。花火は市立上郷小の校庭で打ち上げられていた。事故当時、地元住民ら約300人が現場にいた。現場はJR飯田線伊那上郷駅から南東に約400メートル。