全国的に気温が上がった27日、各地の海と山でレジャー中の事故が相次ぎ、共同通信の集計では、午後10時時点で5人が死亡、2人が行方不明、10人がけがをした。

 瀬戸内海で午後2時ごろ、魚釣りをしていたとみられるプレジャーボートが広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ多々羅大橋の橋脚に衝突。乗っていた男性会社員(58)が搬送先の病院で死亡し、別の男性(40)も負傷した。

 静岡県では沼津市の漁港で男性(19)がおぼれ死亡が確認され、下田市の海水浴場でもサーフィン中の男性が死亡した。鳥取県境港市では釣りに行った男性(60)の死亡が確認された。海中に落ちたとみられる。