ロッテが競り勝った。6―7と逆転された八回に代打清田の適時打で追い付き、マーティンの来日初本塁打で2点を勝ち越した。4番手の唐川が5勝目を挙げ、益田が18セーブ目。楽天は3度のリードを奪いながら逃げ切れなかった。