【ワシントン共同】米下院司法委員会は26日、トランプ政権のロシア疑惑の捜査資料開示をワシントンの連邦地裁に申し立てた。下院で多数派を占める民主党は、トランプ大統領の弾劾をにらんだ調査の一環と位置付けており、来年の大統領選での政権奪還を目指して攻勢を強める構えだ。

 同委が開示を求めたのは、ロシア疑惑を捜査したモラー元特別検察官のチームが集め、大陪審が機密扱いにした調書などの資料。申立書は大統領弾劾を含めた権限を行使するかどうかの判断のため「あらゆる関連資料を入手する必要がある」としている。