台風6号は27日午前7時ごろ、三重県南部に上陸した。台風の日本上陸は令和初。今後は東海を経て進路を東寄りに変え、同日夜には熱帯低気圧に変わって関東甲信に進む見通し。近畿で27日夕方にかけて、東日本で28日昼ごろにかけて雷を伴った大雨になる恐れがある。土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要だ。

 夏休みシーズンの休日に当たるが、海や山ではうねりを伴った高波や強風が予想される。

 和歌山市で1時間に47・5ミリ、神奈川県箱根町で35・5ミリの雨が降った。栃木県佐野市では27日未明に竜巻とみられる突風が吹き、25軒以上に建物被害が出た。けが人の情報はない。