【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射について「短距離であり、多くの国も保有している」と述べ、静観する考えを改めて示した。ホワイトハウスで記者団に述べた。

 北朝鮮側がミサイルは新型で、韓国への警告だと主張している点についてもトランプ氏は「米国に対する警告とは言っていない。ミサイルもごく標準的なものだ」と指摘し、問題視しないと強調。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とは「とても良い関係ができている」とアピールし、事態を見守ると話した。