7連勝の広島はルーキー小園が4安打4打点。チームが5点を加えた三回はプロ初本塁打の3ラン、九回はこの日2本目の二塁打となるタイムリーを放った。大瀬良は6回2失点で6月5日以来の7勝目。ヤクルトは先発高橋が崩れた。