日本ハムが乱打戦を制して3連勝を飾った。7―7に追い付かれた直後の六回、渡辺の3点三塁打と石井の適時二塁打で突き放した。5番手のロドリゲスが5勝目。西武は打線が7点差を追い付きながら投手陣が踏ん張れなかった。