埼玉県所沢市で市立中2年本郷功太郎さん(13)が殺害された事件で、さいたま地検は26日、殺人の疑いで同市の同級生の少年(14)をさいたま家裁に送致した。家裁は2週間の観護措置を決めた。

 送致容疑は5日午後4時50分ごろ、自宅で本郷さんの腹などを刃物で刺して殺害した疑い。

 県警によると、この日は少年宅で一緒にテスト勉強する予定で、少年は「以前、教科書を隠されたことを問い詰めたら否定され、けんかになった」と供述した。

 捜査関係者によると「元々仲が良かったが、2年生になった5月ごろから関係が悪くなり、上下関係ができ始めた」という趣旨の供述をしていた。