経済産業省は26日、資源エネルギー庁の係長級の男性職員を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。6月18日付。経産省によると、男性は児童買春・ポルノ禁止法(買春)違反の疑いで警視庁に逮捕され、罰金50万円の略式命令を受けた。既に辞職した。

 男性は2018年9月に東京都内で女児に対し、18歳未満と知りながら現金を与えてみだらな行為をしたという。