歌手の水森かおりと、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」(伊達みきお、富沢たけし)が、東京都内で、コラボ曲「笑顔で遠まわり」のお披露目イベントを開催した。

 水森の新曲「高遠 さくら路」のカップリング曲で、売り上げの一部が東日本大震災の復興支援のために寄付される。水森とサンドウィッチマンがかつて同じ事務所に所属し、20年来の仲であることから企画が実現した。

 「すごくいい歌ですけど、レコーディング以来歌っていない」という伊達と、「昨日、風呂で練習してきた」と明かす富沢は、譜面台の歌詞を見ながら熱唱。水森は「いい声で芯もしっかりあります。(私と)声の相性が良くて、歌っていて気持ち良かった」と太鼓判を押した。

 水森は「20年前から、2人は人柄が最高で変わっていない。『姉さん、姉さん』と慕ってくれた」としみじみ。伊達も「新大阪駅で偶然会ったとき、『一緒に頑張っていこうね』とお茶をいただき、すごくうれしかったことを覚えています」と懐かしんだ。

 伊達は、コントで演じた「萬みきお」という大物演歌歌手のキャラクターとして登場した。吉本興業を巡る一連の問題について問われると、富沢が「駄目ですよ! 萬さんは闇営業しか行ってないんだから」と制して笑わせた。