菅義偉官房長官は25日の記者会見で、かんぽ生命保険で保険料の二重払いなど顧客に不利益となる契約獲得が横行していた問題について「大変遺憾だ」と述べた。かんぽ生命と販売を受託している日本郵便に対して「十分な調査をし、顧客対応を抜本的に改善する必要がある」と注文を付けた。

 親会社の日本郵政は24日、外部有識者で構成する特別調査委員会を設置し、原因究明を進めることを発表した。調査委が、投資信託の不適切販売があったゆうちょ銀行を調査の対象外としていることに関しては「かんぽ生命の問題とは別途、金融庁において必要な調査を行っていると聞いている」と語った。