第101回全国高校野球選手権大会岩手大会の決勝が25日、盛岡市の岩手県営野球場で行われ、最速163キロの球速で注目の佐々木朗希投手を擁する大船渡は、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手の母校、花巻東に2―12で敗れて、35年ぶりの甲子園大会出場はならなかった。3年生の佐々木投手は出場することなく、高校生最後の夏が終わった。

 佐々木投手は24日の準決勝では129球を投げて完封していた。大船渡の国保陽平監督は「私が判断した。理由としては故障を防ぐこと」と試合後に語った。佐々木投手は「監督の判断なのでしょうがないと思う。投げたい気持ちはあった」と語った。