【ロンドン共同】ジョンソン英首相は24日の就任後、主要閣僚を発表し新内閣発足の手続きに入った。外相や欧州連合(EU)離脱担当相など主要閣僚に自身と同じ離脱強硬派を充てる「強硬派内閣」(英紙)となる。ジョンソン氏は10月末の離脱を宣言、混乱必至の「合意なき離脱」の可能性は低いとしつつも、準備を進めることが「常識的だ」と強調した。

 与党内ではジョンソン氏に対する親EU派の反発がくすぶっているほか、英議会全体では、条件面で合意しないままの離脱に反対する勢力が過半数を占めている。新政権は多難な船出となりそうだ。