【ワシントン共同】トランプ米政権のロシア疑惑捜査を指揮したモラー元特別検察官は24日午後の議会証言で、トランプ大統領の直接聴取を断念した理由について、反発した政権側が法廷闘争に持ち込み、捜査が長期化するのを懸念したためだと初めて明らかにした。捜査チームはトランプ氏から書面でしか聴取せず3月に捜査を終結したため批判の声が出ていた。

 モラー氏の初の議会証言は、24日午前の下院司法委員会、午後の情報特別委員会の公聴会で計約6時間にも及んだ。来年の大統領選で政権奪還を狙う民主党は、新たな追及材料を引き出そうと質問を浴びせ続けた。