【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに下落し、前日比79・22ドル安の2万7269・97ドルで取引を終えた。決算の内容が振るわなかった建設機械のキャタピラーと航空機のボーイングが値を大きく下げ、ダウ平均を押し下げた。

 一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は70・10ポイント高の8321・50。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も14・09ポイント高の3019・56となり、両指数とも過去最高を更新した。