【ワシントン共同】トランプ米政権を巡るロシア疑惑で、捜査を指揮したモラー元特別検察官は24日、下院司法委員会の公聴会で初めて証言した。捜査報告書はトランプ大統領の完全な潔白を証明しておらず、トランプ氏による司法妨害がなかったとは結論付けていないとの認識を改めて示した。

 来年の大統領選で政権奪還を目指す民主党は、トランプ氏が違法行為に関わったと印象付ける発言を引き出したい考え。証言次第では、民主党内に根強く残る大統領弾劾を求める声が勢いづく可能性がある。