24日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比07銭円高ドル安の1ドル=108円03~05銭。ユーロは66銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円33~37銭。

 前日の米株価が値上がりしたことで、午前は安全資産とされる円を売ってドルを買う取引が優勢だった。米中貿易交渉の閣僚級協議が来週に開かれると伝わり、世界経済の先行き懸念の後退が影響した。午後は欧州の製造業に関する経済指標が市場の予想を下回ったことで円買いが進み、一時は107円台を付けた。