ベビー用品を販売する小売店に対し、自社製品を希望する価格で販売するよう不当に要求したとして、公正取引委員会は24日、独禁法違反(再販売価格の拘束)でメーカー大手の「コンビ」(東京)に、再発防止を求める排除措置を命じた。

 公取委によると、同社は遅くとも2015年1月ごろ~今年1月、ベビーカーやチャイルドシート、ゆりかごの高級ラインの商品を、自社で決めた価格で販売することに同意した小売店にだけ出荷していた。

 公取委の調査を受けてコンビが違反行為をやめた後、小売価格が最大で約2割下がった商品もあったという。

 コンビは「法令順守の取り組みを徹底する」とした。