財務省は24日、学校法人「森友学園」を巡る公文書改ざんなど不祥事が相次いだことを受け、組織改革の取り組み状況を定期的に点検する有識者会議の初会合を開いた。冒頭あいさつ以外は報道非公開で、この日は財務省側から公文書を管理する専門組織の定数を増員したことなどの説明があったという。

 岡本薫明事務次官は冒頭、「足らざるところがあれば厳しくご指摘をいただいて忌憚のないご意見を賜りたい」と述べた。

 名称は「再生プロジェクト推進会議」。不祥事の再発防止策などをまとめた報告書の作成に関わったボストンコンサルティンググループの秋池玲子氏ら計3人の有識者と省幹部で構成。