パナソニックは24日、動きの速い人や物に追従して滑らかに映像を投影するプロジェクションマッピングの新技術を報道陣に公開した。24日で2020年東京五輪開幕まで1年となった節目に合わせ、大会組織委員会と東京都が開いたイベントでも披露。五輪の開閉会式での採用を目指し、技術力の高さをアピールした。

 発表会には、新体操元日本代表の坪井保菜美さんがバトンを手に登場。津軽三味線の楽曲が流れると、踊る坪井さんの動きに合わせて桜吹雪や寺院といった日本文化を象徴する映像が映し出された。バトンの先には新体操のリボンをイメージした光を投影し、幻想的な雰囲気を演出した。