柔道のグランプリ(GP)大会(26~28日・ザグレブ)に出場する日本代表が24日、羽田空港から出発し、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表で2016年リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級銀メダルの原沢久喜(百五銀行)は「世界選手権に向け、課題をもって取り組むことが大事になる」と意気込みを語った。

 五輪2連覇中で7日のGPモントリオール大会決勝で敗れたテディ・リネール(フランス)が今大会も出場する見込み。原沢は再戦をにらみ「この前は前半でいい流れだったが、後半に少し下がってしまった。その部分を修正したい」と雪辱を期した。