【ボローニャ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋が23日、イタリア北部のボローニャで記者会見に臨み「守備の戦術が整っている。それに応じてストライカーのレベルも高い」とセリエAの印象を口にし、「細かい守備の個人戦術を学びたい気持ちで、ここを選んだ」と意欲を語った。

 今年のアジア・カップや南米選手権でフル代表の主力を務めた20歳のセンターバックは、昨季までシントトロイデン(ベルギー)でプレー。来年の東京五輪では中心選手として期待されている。