高血圧症の治療薬「カルバン錠」の販売を巡って価格カルテルを結んだ疑いが強まったとして、公正取引委員会は23日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、製薬会社の鳥居薬品と日本ケミファ(いずれも東京)を立ち入り検査した。

 関係者によると、2社は高血圧症の患者に処方されるカルバン錠を巡り、主に卸売業者向けの販売価格を話し合って決めていた疑いが持たれている。カルバン錠は国内では2社しか取り扱っていない。

 カルバン錠は心拍を抑えたり、血管を広げたりすることで血圧を下げる作用がある。

 2社とも検査を受けた事実を認め「検査に全面的に協力する」とのコメントを出した。