菅義偉官房長官は23日の記者会見で、島根県・竹島周辺で韓国がロシア軍機に警告射撃したことに関し、韓国、ロシア両政府に抗議したと明らかにした。「事案の発生を確認後、直ちに外交ルートで厳重な抗議をし、再発防止を強く求めた」と述べた。ロシア軍機の領空侵犯については「2度にわたり島根県・竹島周辺を領空侵犯したと認識している」と説明した。

 韓国の警告射撃には「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして到底受け入れられず、極めて遺憾だ」と強調した。防衛省によると、ロシア軍機は日本海周辺で日本の領空に入る恐れがある特異な飛行をしたため、自衛隊機が緊急発進して対応した。