【シアトル共同】米大リーグは21日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシアトルでのマリナーズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、相手の先発菊池とメジャー3度目の対決で五回に左中間二塁打を放った。七回には2番手から中前打を記録して4試合ぶりの複数安打とし、5打数2安打、1得点1三振だった。

 菊池は5回を投げ、2本塁打を含む9安打7失点、3三振1四球で、7敗目(4勝)を喫した。試合はエンゼルスが9―3で勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はブルワーズ戦で4―4の七回に3番手で登板し、1回を3者三振に仕留めた。