共同通信社の出口調査によると、比例代表投票先は全世代で自民がトップとなり、他党を圧倒した。特に18、19歳は、自民38・2%に対し、立憲民主党10・8%と大差がついた。立民は全世代合計でみると17・5%が投票先としており、若年層での支持低迷が目立つ。

 18、19歳の投票先は他に、公明党10・8%、国民民主党7・8%、共産党8・6%、日本維新の会8・2%、社民党1・6%。政治団体「れいわ新選組」は5・3%だった。

 自民に投票したとの回答は全世代で35%を超えた。20代が最も高い41・1%、30代は40・6%だった。