宮崎県選挙管理委員会は21日、宮崎市の投票所で、有権者の男性に、投票所に来ていない妻の分も一緒に選挙区投票用紙を交付し、投票されたと発表した。2票とも有効になる。

 県選管によると、男性は自分と妻の入場券を持って1人で投票所を訪れた。職員は気付かず選挙区の用紙を2枚交付し、男性は2票を投じた。比例代表の投票用紙を受け取ろうとして、別の職員が妻がいないことに気付いた。