【ブリュッセル共同】米国の非白人女性議員4人に「国へ帰れ」と差別的発言をしたトランプ大統領や「送り返せ」と大合唱した支持者らに対し、欧州の首脳から強い批判が起きている。19日のベルギー紙によると、欧州連合(EU)のトゥスク大統領は18日、カナダ・モントリオールでの記者会見で「モントリオールは居心地が良い。『あいつを送り返せ』と叫ぶ者がいない」と痛烈に皮肉った。

 ドイツのメルケル首相は19日の記者会見で「非難された女性たちと連帯したい」と述べ、「米国の強さは、さまざまな国籍の人々が国に貢献していることで、相いれない発言だ」と訴えた。