【ワシントン共同】ニューヨーク連邦準備銀行のウィリアムズ総裁は18日、ニューヨークで講演し「景気悪化の最初の兆候が見えている時に速やかに利下げするのは妥当だ」と述べた。米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長も米テレビで同様の意向を表明。FRBが今月末に利下げを決める可能性が一段と高まった。

 中国などの景気減速を受けて米国でも鉱工業生産指数など製造業関連の指標が軟調だ。同時に、物価上昇率がFRBの目標である2%を下回り続けていることが利下げ検討の理由になっている。