関西空港を運営する関西エアポートは18日、本格的な台風シーズンを前に、昨年9月の台風21号による被害を受けて作成した新事業継続計画(BCP)に基づく訓練を初めて報道陣に公開した。

 台風21号では電源設備が浸水して大規模な停電が起きたほか、対岸との連絡橋にタンカーが衝突して約8千人が一時孤立した。

 訓練は大規模な台風が直撃して連絡橋が使えなくなり、利用客がターミナルに取り残された状況を想定し、航空会社や地元消防など約180人が参加。案内役の職員らは、個人情報を記入するカードを配布し、高齢者や障害者らを優先して避難所まで誘導した。