2019年シーズン限りでの退任が決まっている野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplus高知の駒田徳広監督(56)が12日、高知市内で記者会見を行い「優勝できなかったことに大きな責任を感じている」と述べた。前期は2位だった。

 16年シーズンから指揮を執った駒田監督は「今のチームが一番いいが、勝たなければ続けることはできない」と悔しそうに話した。13日から始まる後期に向けて「チーム一丸となって戦っていく」と語った。