ロッテは2―3の七回、清田が4試合連続本塁打となる5号2ランを放って逆転した。3番手の東條が今季初勝利。ソフトバンクは1―2の六回に失策が絡んで2点を奪ったが、七回に2番手、松田遼がピンチをしのげなかった。