【ロンドン共同】英下院は14日夜(日本時間15日未明)、約2週間後に迫った29日の欧州連合(EU)離脱の延期を求める政府動議を賛成多数で可決した。動議は下院が2度否決した離脱合意案を20日までに可決することを条件に、1回限り、6月末まで延期するとしている。21、22日のEU首脳会議で延期を要請する。ただ、合意案の承認は見通せず、歴史的なEU離脱を巡る英国内の混乱や不透明な情勢は続く。

 延期の可決は、経済や市民生活に悪影響をもたらす「合意なき離脱」を回避すべきだとの下院の意思の表れだ。メイ首相は合意案を3度目の採決にかけ、合意案に基づく離脱実現を目指す。